すべて

ニュース

2020/08/23

就労支援アニメの新作登場!!

>

Scroll
mainvisual running

あなたの力は

あなたしかできない障害者支援を一緒にしませんか?

一緒にあなたしかできない障害者支援をしませんか?


私は、2012年から会社経営を始めました。その中で、沢山の失敗をしてきました。中には、もうダメだと思うような大きな失敗をしてしまった事もあります。


しかし、周りの方に助けてもらえた事で、何とか今まで頑張ってこれました。過去を振り返ると、あの時こうしておけば良かった…と思う事ばかりです。


今では、その経験が私にとっての大きな財産になっている事に気付きました。この経験を、これから新たに起業される方、既に起業され一人で悩んでいる方、そう言った経営者の方を応援するために使いたいと思い、新たな取り組みをする事にしました。会社経営はとても孤独です。そして、誰に何を相談したらいいのかも分かりません。


そういった経営者の方を一人でも多くサポートしていきたいと言うのが私の思いです。

HeROINTL株式会社
代表取締役 
澤田 恒彦

就労支援事業とは

一般企業への就職が困難な 障がい者の方々に対して

お仕事を提供する事業所をオーナー様に

運営していただくサービスです。

行政からの許認可が必要な事業の1つです。

許認可が下りれば、給付金や助成金を受けることができ、

その結果、安定的な収益になります。

生産活動事業とは

left arrow right arrow
  • vector one

    企画事業型

    オーナー様が就労支援で障害者の方との仕事としてやってみたい事業を具現化するプランです。

  • vector one

    既存事業導入型

    すでに就労支援以外の事業を運営しているオーナー様向けのプランです。

  • vector one

    コラボ事業型

    本部と提携した事業者のサービスを行っていただくプランです。

5つのメリット

未経験者でもOK!

必要なことはすべて支援!

  • オーナーに必要な資格は

    一切なし!

  • 現場スタッフに運営を任せることも可能!あなたが現場に立つ必要はありません。

  • 国からの補助金で

    安定収益に!

  • 大変な申請書の作成は

    全て本部が対応。

  • 利用者様にお任せるお仕事は、本部がサポートします!

加盟までの流れ

    • 就労支援事業
    • 生産活動事業

    弊社と事前相談

    事業所見学

    加盟契約

    法人登記or法人目的変更

    行政への事前相談
    (物件候補が必要になります)

    物件選定及び契約

    求人掲載
    (ハローワーク、engage、indeedなど)

    雇用契約

    指定申請
    (就労移行支援事業&継続支援A型事業)

    研修・営業活動及び事業所説明会の実施

    利用者さんとのサービス利用契約

    生産活動の各プランから選択

    自社運営の「ONE×MAX」との業務委託契約

    福祉スタッフに対する研修

  • 就労支援事業

    弊社と事前相談
    事業所見学
    加盟契約
    法人登記or法人目的変更
    行政への事前相談
    (物件候補が必要になります)
    物件選定及び契約
    求人掲載
    (ハローワーク、engage、indeedなど)
    雇用契約
    指定申請
    (就労移行支援事業&継続支援A型事業)
    研修・営業活動及び事業所説明会の実施
    利用者さんとのサービス利用契約
  • 生産活動事業

    生産活動の各プランから選択
    自社運営の「ONE×MAX」との業務委託契約
    福祉スタッフに対する研修

お役立ち情報

2020.09.10

ブログ

就労継続支援B型事業所を利用できる条件とは?

就労継続支援B型事業者は全国で12,099事業所あり、約25万人の方が利用しています(平成30年9月時点、厚生労働省資料)。

一般企業での雇用契約を結んだ就労をすることが困難な方が、自分のペースで働いています。

 

就労継続支援B型事業所を利用できるのはどのような方なのでしょうか。

 

利用対象者はどのように規定されている?

就労継続支援事業は、障害がある方や対象の難病を持つ方に向けた事業です。

障害とは、身体障害や知的障害、精神障害(発達障害含む)の方、難病とは障害者総合支援法の対象疾病として指定されている361疾病の方(令和元年7月見直し時点)が含まれます。

 

ただし、これらの全ての方がこのサービスを利用できるわけではなく、利用対象者が規定されています。

 

就労継続支援事業は障害者総合支援法によって提供されている障害者福祉サービスであり、利用対象者は、厚生労働省による障害者総合支援法の施行規則等で規定されています。

 

施行規則第6条の10第2項には以下の通り記載されています。

「通常の事業所に雇用されることが困難であり、雇用契約に基づく就労が困難である者に対して、就労の機会の提供及び生産活動の機会の提供その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の必要な支援を行う。」

 

規則では考え方の記載にとどまっていますが、利用条件については別途詳しく規定されています。

 

利用対象者となる条件

就労継続支援B型サービスを利用対象となるのは、身体障害、知的障害、精神障害、発達障害や難病のある方で以下のいずれかの条件に該当する場合です。

 

  1. 就労経験がある者であって、年齢や体力の面で一般企業に雇用されることが困難となった者
  2. 50歳に達している者又は障害基礎年金1級受給者
  3. 1及び2に該当しない者で、就労移行支援事業者等によるアセスメントにより、就労面に係る課題等の把握が行われている者

 

条件別に具体的な利用者のイメージを以下の紹介します。

 

就労経験の条件

「就労経験がある者であって、年齢や体力の面で一般企業に雇用されることが困難となった者」

具体的な利用者のイメージとしては、以前一般企業で就労していた経験があるが、現在では年齢や体力の面で一般企業に雇用されることが困難となった方等が該当します。

 

年齢制限の条件

「50歳に達している者」

具体的な利用者のイメージとしては、施設を退所するが、50歳に達しており就労は困難な方等が該当します。

 

障害者手帳の有無

「障害基礎年金1級受給者」

具体的な利用者のイメージとしては、障害基礎年金1級受給者であり就労は困難な方等が該当します。

 

アセスメント

「就労移行支援事業者等によるアセスメントにより、就労面に係る課題等の把握が行われている者」

就労移行支援事業を利用したが、必要な体力や職業能力の不足等により、就労に結びつかなかった場合などに、就労移行支援事業所によるアセスメントを実施し、就労継続支援B型の利用が適当と判断された方。

 

まとめ

このように、就業継続支援B型事業所は、利用するための条件が決められています。

利用したいと考えている方は、まずは、自治体の相談支援事業所や病院の主治医などに相談し、就労継続支援事業を利用できるか確認してみましょう。

2020.08.25

就労継続支援B型の「工賃」の考え方

就労継続支援事業所では、一般企業などで雇用されるのが困難な障害者などを対象に、労働の機会を提供する障害福祉サービスです。

利用者が事業所と雇用契約を結ぶA型事業所では、作業の対価として各都道府県の最低賃金以上の賃金が支払われますが、雇用契約を結ばないB型事業所では作業の対価として「工賃」が支払われる。

工賃は、雇用契約を伴わないため就労継続支援A型事業所と比べ低額となります。しかし、B型事業所では、少ない日数のみ労働することや短時間だけ労働することができたり、簡単な労働内容を行えるなど利用者の障害の程度や体調の状況に応じて、ペースを調整しながら労働することができます。

今回は、ONEXMAXがフランチャイズサービスを行っている就労継続支援B型事業所の「工賃」の考え方を説明いたします。

就労継続支援サービスについての説明はこちら

 

工賃の考え方

工賃は、「生産活動に係る事業の収入から生産活動に係る事業に関する必要な経費を控除した額に相当する金額を工賃として支払わなければならない」ものであると決められています。

事業所には収益とは別に国からの給付金が入りますが、利用者への報酬は生産活動の収益から支払う決まりとなっています。 事業所は、利用者の作業によって生産活動を行い収益を得ますので、その収益から生産活動における必要経費を控除した額を、作業を行った利用者に対して生産活動の対価として「工賃」として支払われる仕組みです。

 

工賃はどのように決定されるのか

それでは、工賃はどのように決定されるのでしょうか。

一般的に作業内容に応じて1日1500円のように日額で設定されていたり1時間数百円のように時間額で設定されていたりします。作業内容により時間額が変動するシステムが採用されます。事業所も多く、販売する商品の作成や、スキルが必要なパソコンの作業などでは高めの時間額が設定されていたりします。

B型事業所の工賃の全国平均は、厚生労働省が実施した調査によると1か月で1万6118円、時間額は214円となっています(2018年度)。平均工賃は一貫して上昇傾向にあり、前年度実績の約103%となっています。 利用者それぞれに対し支払われる1月当たりの工賃の平均額は3000円を下回ってはいけないと決められています。

雇用契約を伴う報酬と比べるとかなり低額となっていますが、就労継続支援B型事業所では、働く経験を付けることとともに、働く上で必要なスキルの習得を目的とした作業も行うことができます。

まとめ

今回解説した内容のまとめは以下の通りです。

  • 就労継続支援B型事業所では、労働の対価として工賃が支払われる
  • 工賃の設定は事業所によって様々である
  • A型事業所と比べるとB型事業所の工賃は低額である
  • B型事業所では、利用者の体調やスキルに応じて柔軟に働くことができるメリットがある

2020.07.31

ブログ

競合する障害者福祉事業所の分布を簡単に調べる方法

障害者福祉事業所の立地を検討する際に必要な視点はいくつかあります。
例えば、利用者さんが通いやすい場所であることや、事業所の周辺に施設を利用してほしい方が多く住んでいる場所であることはとても重要な視点です。

 

それと同様に、競合する事業所の存在の有無も確認しておく必要があるでしょう。
いくら利用者さんのアクセスが多く見込まれる立地であっても、すでに多くの競合事業所がひしめき合っている地区であれば、あなたの施設の利用者さんの数は伸び悩むかもしれません。

 

開業を考えている地域にどれくらい競合が存在しているのかは、事前に把握しておきたい情報です。

今回は、公開されている情報で、競合事業所の分布を調べる方法を紹介します。

 

情報が掲載されているサイトとは

競合事業所の情報は、厚生労働省所管の独立行政法人福祉医療機構が運営しているWAMNETというサイトで調べることができます。

WAM NET(ワムネット)は、福祉・保健・医療に関する制度・施策やその取り組み状況などに関する情報をわかりやすく提供することにより、福祉と医療を支援する総合情報提供サイトです。

出典:「WAMNETとは」(独立行政法人福祉医療機構)

 

上の説明のとおり福祉や医療に係る様々な情報が掲載されています。

その中で、福祉サービスを利用したい方向けの情報として、制度の説明や行政情報、障害福祉サービス事業者情報などがまとめられています。

障害福祉サービス等の情報を検索することもでき、検索できる情報は、障害者福祉施設のサービス種類や実施するサービス、住所、電話番号、サービス時間帯などで、とても詳しく掲載されています。

 

情報を検索する方法

いくつかの検索方法がありますが、競合事業所の分布を把握する目的であれば、地図から探す方法が適切です。

地図から検索するには、まずWAMNETの「障害福祉サービス等情報検索」というページに移動します。

WAMNETのトップページ上部の「障害者福祉」というメニューから「障害福祉サービス等情報検索」を選択します。

障害福祉サービス等情報検索の位置

 

すると、日本地図のイラストが表示されます。

イラストの中から、あなたが知りたい都道府県名を選択します。すると市区町村名の選択を求められるので、選択します。

市区町村を選択すると、ページが移動したくさんの番号が表示された地図と、事業所名などが書かれた一覧表が掲載されています。

市区町村を選択した

 

初期状態では、選択した市区町村にある全て障害者福祉施設がリスト化され、地図上に表示されているため、選択した場所によってはかなりの数になります。

福祉サービスを指定して表示することもできます。

その場合は、ページ中ほどの「サービスを選択」をクリックします。

すると、サービスを選択するウインドウが表示されますので、表示したサービスにチェックを入れます。チェックを入れたら、もう一度「サービスを選択」をクリックすると元の地図とリストの表示に戻ります。

「就労継続支援B型」のみを選択してみました。

「就労継続支援B型」のみを選択した

 

就労継続支援B型の事業所のみが表示されているため、先ほどより情報が少なくなっています。

この地図を確認すると、競合する事業所がすでに存在しているところや、空白地帯を確認することが可能になります。

 

まとめ

いかがでしょうか。

政府が公開している情報を利用することで、競合する事業者の有無を無料で簡単に確認することができました。

今回紹介した以外にも、様々な障害者福祉に関連する情報が公開されています。

これらの情報を活用する方法を今後も紹介していきます。

2020.07.14

ブログ

たくさんある!就労支援事業所の利用者さんがお手伝いできる作業内容の紹介

就労継続支援事業所の利用者さんにお手伝いしてもらえる作業はたくさんあります。

これまで、パチンコ屋さん居酒屋さんでお手伝いできる作業内容を紹介しましたが、これら以外の業界でも、もちろんあります。

今回は業界を限定せず、お手伝いできる作業内容をたくさん紹介いたします。

あなたの事業でこれから紹介する作業があれば、代わりに利用者さんにお手伝いしてもらうことができるかもしれません。

就業継続支援事業の仕組みはこちらの記事(就労継続支援という制度について)で解説しています。

 

繊細な作業

部品の加工、アクセサリー作り、刺繍などの手工芸、パンやクッキーなどのお菓子作り

手元の作業に集中して、繊細な仕事を行います。ハンドメイドのアクセサリー屋、雑貨屋などの小さな商品を手作業で作成して販売する事業者、パンやクッキーなどをお店で作って販売している食品店などでこのような作業があります。

 

繰り返し作業

商品のパッキング作業、お菓子の箱詰め、新聞折り込み・ポスティング、箱組立、パッケージシール貼り、チラシ折り・封入、検品

単調になりがちな繰り返し作業をしっかりと進めます。
このような作業は、いろいろな事業で必要なのではないでしょうか?
アクセサリー屋や雑貨屋、食品店、小さな製作所、ポスティング業者などでこのような作業があります。

 

事務作業

パソコンデータ入力、書類の仕分け作業、webサイトの更新、発送作業

事務作業もいろいろな事業で必要な作業です。
事業を運営する上で、パソコンでのデータ管理はとても重要ですが、データの入力にはかなり手間がかかります。
そのような作業を一手に任せてみませんか。また、Webサイトの更新作業や商品の発送作業などのお手伝いできるでしょう。

 

体力を使う

掃除片付けなど、アルミ缶回収、草刈り、窓掃除

体力を使う作業も丁寧に行います。
オフィスビルやホテル、役所、病院などで、障がいをお持ちの方が清掃をしている光景を見かけますね。
しっかりと清掃が行き届いた気持ちのよい環境を作ってくれます。あなたが清掃事業を営んでいる場合は、その作業員としてお手伝いすることももちろん可能です。空き缶などの回収作業や草刈りなど、いろんな場面で活躍します。

 

スキルを磨いてこんな作業も

飲食店の調理、衣類のクリーニング、季節の野菜作り、野菜販売、農作業

利用者さんにやってもらいたい仕事を丁寧に整理し、特性にあった仕事を任せることでスキルが必要な作業もお手伝いします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

利用者さんがお手伝いできる作業はとても多様です。

これは手伝ってもらえないだろうか?とピンときた作業がありましたら、ぜひお問い合わせをお待ちしております。

利用者さんにお仕事を委託する際は、一般の従業員とは異なる視点で配慮が必要なこともありますが、ONE×MAXでしっかりとサポートをいたします。

マンガでわかる就労支援事業

top comic image
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。